information

  • 2015年12月10日にドローン向けの新しい航空法が施行されました。ドローン空撮を行うには国土交通省などの関連機関に撮影日10日以上前に申請しなければいけなくなりましたのでご注意下さい。

  • 新しい航空法で定められた各種規制は、国土交通省のホームページにある「無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の安全な飛行のためのガイドライン」をご参照下さい。

  • ドローンは無線で操作するため墜落の可能性が100%ないわけではありません。人的被害、および物的被害を限りなく0%に近づけるため弊社が定める安全基準内での飛行作業となります。

  • 気象条件の著しい変化などにより現場入りしてから急遽フライトを中止する場合があることをご了承下さい。またその際、キャンセル料金をご請求させていただく場合がございます。

  • 海辺は常に海風が吹いているため、陸地で計測した風速より約2m上乗せした風速で計算します。海辺での撮影の場合、撮影可能な風速かどうかの最終判断は現場の風速を基準とさせていただきます。

flight conditions

 

  • 風速3m/s以下(最良)、風速6m/s以下(可能)、風速8m/s以上(不可)

  • バッテリー1本の飛行時間、約10分(写真)、約15分(動画)

  • フライト範囲、高度150m内、距離200m内(常時目視できる範囲)

  • 離発着時に半径5mの平地があること

  • 人物や建物を含む場合、機体は高度&半径30m以内には近づけません

  • 事前に飛行経路などを十分に打ち合わせをしてからフライトを開始します

  • ロケ地周辺の空域状況と飛行ポイントの安全確認のためロケハン(有料)を推奨

  • ロケハンなしで撮影した成果物に対するクレーム等は一切お受けいたしません

Prohibited location

  • 高度150m以上(※)

  • 目視範囲外の飛行

  • 日没後の夜間飛行

  • 雨天時の飛行

  • 人口集中地区の上空

  • 人物、群衆の上空

  • イベント会場の上空

  • 一般道路、高速道路の上空

  • 電波塔、放送局、変電所、送電線の周辺

  • 飛行機の航路下(※)

  • 空港の周辺(※)

  • 米軍基地の周辺